長崎大学
JAPANESE ENGLISH
活動 Activities
ホーム活動学術交流>ベラルーシ卒後教育医学アカデミーとの学術交流協定締結について
 
学術交流
 
   
ベラルーシ卒後教育医学アカデミーとの学術交流協定締結について 報告書


 7月11日GCOEメンバーの高村昇教授がベラルーシ卒後教育医学アカデミー(ベラルーシ共和国ミンスク市)を訪問し、長崎大学との学術交流協定の調印式を行いました。式では高村教授からこれまでの両研究機関の交流実績とこれからの共同研究の方針等について説明があり、これに対してベラルーシ卒後教育医学アカデミーのフルップ学長から今後の両大学の交流について高い期待感が表明されました。
 ベラルーシ卒後教育医学アカデミーには、グローバルCOEプログラム「放射線健康リスク制御国際戦略拠点」における長崎大学の代表部を設置することが決定しており、今後被ばく臓器を用いた放射線被ばくによるがん発症メカニズムの解明に向けた分子疫学的研究をはじめとした研究展開の拠点となることが期待されています。

(放射線疫学分野 高村 昇)

 
home
ご挨拶
概要
組織
プロジェクト
国際放射線保健医療研究
原爆医療研究
放射線基礎生命科学研究
活動
セミナー
シンポジウム
ワークショップ・講演会
学術交流
e-Learning・遠隔教育
海外学会参加報告
WHOとの連携事業
出版
業績
人材募集
ニュース
一般の皆さまへ
放射線診療への不安に
お答えします。
放射能Q&A
プロジェクト紹介
(長崎大学広報紙)-PDF9MB
チェルノブイリ原発訪問記
大学院生 平良文亨
関連リンク
サイトマップ