長崎大学 先導生命科学研究支援センター

放射線研究機器

アイソトープ実験施設に設置している主要な放射線測定器、照射線照射装置、画像解析装置、汎用機器等は次の通りです。

機器名 用途等 設置場所

軟X線照射装置

(SOFTEX M-150WE)

最大管電圧150kVp、最大管電流10mA。線量率約1Gy/minでの培養細胞や小動物に対するX線照射に適しています。 2階 X線照射室
ガンマ線照射装置
(ポニー工業 PS-3100SB)
予約制
Cs-137線源(148TBq)により、広範囲にわたる線量率における培養細胞や小動物に対するγ線照射に適しています。 原研施設 γ線照射室

Ge半導体検出器システム
(EG&G ORTEC MCA7600型)

予約制
γ線の測定。エネルギー分解能に優れ核種同定ができるため、環境試料の放射線測定に適しています。 1階 試料分析室

光子スペクトロメータ

(EMFジャパン EMF-211型)
NaI検出器によるγ線の測定。エネルギー分解能はGe半導体検出器より劣りますが、感度に優れ、可搬型ですので施設外での環境放射線等の測定に適しています。 1階 試料分析室

X線スペクトロメータ

(EMFジャパン EMF-123型)
CdTe検出器により、5〜200keVのX線エネルギースペクトルを分解能高く測定することができます。 1階 試料分析室
液体シンチレーションカウンタ β線や低エネルギーγ線の測定に適しています。 アロカLSC-5100 3台および1本測定用LSC-102 1台。 3階 測定室
オートウエルγカウンタ プラスチック製チューブやエッペンドルフチューブに入った試料のγ線を測定します。 アロカARC-300 1台、ARC-380 1台、ARC-2000 1台。パーキンエルマー2470WIZARD2 1台。 3階 測定室

マイクロプレートβカウンタ

(アロカ MLC-2001)
96穴プレート中のβ線や低エネルギーγ線の測定に適した液体シンチレーションカウンタです。96穴プレートを効率よく測定できるため、時間短縮とシンチレータ量の削減が可能です。通常型の液体シンチレーションカウンタよりも感度は劣ります。 3階 測定室
ラジオルミノグラフィ 富士フィルムBAS-5000、およびFLA-5100各1台。イメージングプレートを用いてオートラジオグラフィ画像を解析、定量することができます。またFLA-5100は、蛍光標識サンプル、化学発光サンプルおよびデジタイズサンプルにも対応しています。 2階 暗室(1)(5000)、 1階 試料分析室(FLA-5100)
ガラス線量計リーダ
(千代田テクノル FGD-1000)
ガラスチップ(銀活性リン酸塩ガラス)による環境の場および人体の被ばく線量(線量当量)の測定に用います。検出限界0.05mSv、ガラスチップ155本所有。 2階 測定室
電離箱式サーベイメータ 環境の場のγ線の測定に適しています。 (株)応用技研製AE-133、1台。 1階 管理室
GM計数装置 学生実習用のβ線測定装置。GM管の特性、種々の物質による遮蔽効果、およびβ線のアルミニウム中の飛程の学習を行なっています。アロカ社製JDC-133、8台。 1階 セミナー室

GMサーベイメータ

(汚染検査用)
β線の汚染検査に適しています。 アロカ社製、小口径2台、大口径31台。 各階

GMサーベイメータ

(線量測定用)
環境の場のγ線の測定に適しています。 RADOS Technolgy OY, RDS-200、1台。 1階 管理室

比例計数管式汚染モニタ

(ベルトールド LB122B)
β線の汚染検査に適しています。広範囲(220cm2)の汚染検査用です。 1階 管理室
トリチウム サーベイメータ 低エネルギーβ線の測定に適しています。特に床の汚染検査を効率的に行なうことができます。アロカ社製1台。 3階

NaIシンチレーション

サーベイメータ

(含I-125専用モデル)

環境の場のγ線測定およびγ線の汚染検査に適しています。アロカ社製、γ線用3台、I-125用2台。 各階

セルハーベスター

(パーキンエルマーFiltermate)

96穴プレートサイズのフィルター上に浮遊細胞を回収、洗浄することができます。マイクロプレートβカウンタとの併用により、作業時間が大幅に短縮します。 3階 培養室
PCR機器 Astec PC-700 1台、パーキンエルマー PJ-2000 1台、TAKARA TP-3000 1台、Gene Amp PCR system 9700  1台。 2階 分子生物実験室
遠心機 ベックマン J6-MC 1台。低速、高速冷却遠心機 14台。 3階 遠心機室、各階
微量冷却遠心機 クボタ製等32台。エッペンドルフチューブの遠心に適しています。 3階 測定室
分光光度計 バイオラドSmartSpec 3000 1台、model680(プレートリーダ)1台、アマシャムGene Quant Pro 1台。 4階 P2実験室、動物実験室
真空遠心濃縮機 Savant SpeedVac 2台。 3階 遠心機室、4階 高レベル実験室
高速液体クロマトグラフィ装置 ギルソン製等 1式 3階 生化学室

小動物分子イメージング装置(Trifoil FX-3400)

予約制
マウス及びラットの機能情報をPETおよびSPECTで、構造情報をCTで非侵襲的に画像化、解析することができます。BSL-3実験室に設置しているため感染動物の撮像も可能です。施設能力的にはPET核種はF-18、SPECTはほとんどの市販のSPECT核種を使用することができます。 2階 感染症分子イメージングセンター
 

↑ PAGE TOP