研究内容

 

このページでは、放射線生物・防護学研究分野職員および本施設のPET/PECT/CTを利用した分子イメージング研究についてご紹介しています。


放射線防護学
放射線生物学
分子イメージング
放射線防護・リスク管理に関する研究

放射線の測定、被ばく線量評価、健康リスク推定、放射線リスクコミュニケーション、放射線ラーニング、放射線安全管理のプロセス全般に関わる仕事をしています。


原著

  • Yokota K, Mine M, Kondo M, Matsuda N, Shibata Y, Takamura N: Cancer mortality in residents of the terrain-shielded area exposed to fallout from the Nagasaki atomic bombing. J Radiat Res: doi.org/10.1093/jrr/rrx047. (2017)
  • Takami T, Ohsawa M, Yamanaka H, Matsuda N, Sato H, Ohsawa K: Difference of two new LCMV strains in lethality and viral genome load in tissues. Exp Anim 66(3), 183-189 (2017).
  • Miura M, Ono K, Yamauchi M, Matsuda N: Perception of radiation risk by Japanese radiation specialists evaluated as a safe dose before the Fukushima Nuclear Accident. Health Phys 110, 558-562 (2016).
  • Nakashima K, Orita M, Fukuda N, Taira Y, Hayashida N, Matsuda N, Takamura N: Radiocesium concentrations in wild mushrooms collected in Kawauchi Village after the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Peer J 3:e1427 (2015).
  • 松田尚樹、三浦美和, 山内基弘, 奥野浩二 : 臨床研修医への放射線教育から見えてきたもの -放射線の理解とリスク認知度の解析-: RADIOISOTOPES, 63, 435-442 (2014).
  • Orita M, Hayashida N, Nukui H, Fukuda N, Kudo T, Matsuda N, Fukushima Y, Takamura N: Internal radiation exposure dose in Iwaki City, Fukushima Prefecture after the accident at Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant. PloS One 9(12):e114407 (2014).
  • Lukmanul Hakkim F, Miura M, Matsuda N, Alharassi AS, Guillemin G, Yamauchi M, Arivazhagan G, Song H: Plant-derived natural product chemicals could offer protection to the skin from the harmful effects of gamma radiation during cancer radiotherapy. Int J Low Radiation 9, 305-316 (2014).
  • Morita N, Miura M, Usa T, Kudo T, Matsuda N: Internal radiation doses in 372 persons who were dispatched to Fukushima from April 2011 to March 2012. Radiation Safety Management 12, 48-55 (2013).
  • Takeshita S, Matsuda N, Kodama S, Suzuki K, Watanabe M: In vitro thermal effects on embryonic cells of endangered hawksbill turtle Eretmochelys imbricata. Zoolgical Sci 30, 1038-1043 (2013).
  • Matsuda N, Morita N, Miura M, Yamauchi M, Kudo T, Usa T: Internal radioactivity of temporary residents in Fukushima within one year after the radiological accident. J Environ Occup Sci 2, 123-130 (2013).
  • Morita N, Miura M, Yoshida M, Kumagai A, Ohtsuru A, Usa T, Kudo T, Takamura N, Yamashita S, Matsuda N: Spatiotemporal Characteristics of Internal Radiation Exposure In Evacuees and First Responders after the Radiological Accident in Fukushima. Radiat Res 180, 299-306 (2013).
  • Matsuda N, Kumagai A, Ohtsuru A, Morita N, Miura M, Yoshida M, Kudo T, Takamura N, Yamashita S: Assessment of internal exposure doses in Fukushima by a whole body counter within one month after the nuclear power plant accident. Radiat Res 179, 663-668 (2013).
  • Matsuda N, Yoshida K, Nakashima K, Iwatake S, Morita N, Ohba T, Yusa T, Kumagai A, Ohtsuru A: Initial activities of a radiation emergency medical assistance team to Fukushima from Nagasaki. Radiat Meas 55, 22-25 (2013).
  • 三浦美和, 林田りか, 高尾秀明, 小野孝二, 松田尚樹: 放射線専門家による放射線リスクの認知 -東京電力福島第一原子力発電所の事故直前の状況: 日本放射線安全管理学会誌, 12, 46-53 (2013).
  • Taira S, Hayashida N, Yamashita S, Kudo T, Matsuda N, Takahashi J, Gutevitc A, Kazlovsky A, Takamura N: Environmental contamination and external radiation dose rates from radionuclides released from the Fukushima nuclear power plant. Radiat Prot Dosim, 151(3), 537-545 (2012).
  • Yoshida K, Hashiguchi K, Taira Y, Matsuda N, Yamashita S, Takamura N: Importance of personal dose equivalent evaluation in Fukushima in overcoming social panic. Radiat Prot Dosim, 151(1), 144-146 (2012).
  • 中里一久, 北実, 松田尚樹: 東京電力福島第一原子力発電所の事故による衣服の放射性汚染: 汚染状況の測定と簡易除染法の検討(解説). 日本原子力学会誌, 53(12), 809-812 (2011).
  • 三浦美和, 森田直子, Hakkim FL, 吉田正博, 松田尚樹: 生物的指標によるX線照射装置の品質管理. 日本放射線安全管理学会誌, 10, 33-39 (2011).
  • Matsuda N, Brahmanandhan GM, Yoshida M, Takamura N, Suyama A, Koguchi Y, Juto N, Raj YL, Winsley G, Selvasekarapantian S: Background radiation and individual dosimetry in the coastal area of Tamil Nadu, India. Radiat Prot Dosim, 146, 314-317 (2011).
  • Brahmanandhan GM, Hayashida N, Taira Y, Malathi J, Khnna D, Selvasekarapandian S, Matsuda N, Takamura N: Urinary iodine concentrations in the high background radiation areas of Kanyakumari district, Tamilnadu, India. Endcrine J, 57, 87-91 (2010).

総説

  • 續輝之, 細井義夫, 松田尚樹, 神田玲子, 細谷紀子, 宮川清, 粟井和夫, 近藤隆: 医学部における"放射線健康リスク科学” 教育の推進の現況と課題. 放射線生物研究, 52(2), 129-148 (2017).
  • 松田尚樹, 森田直子, 三浦美和: 東京電力福島第一原子力発電所事故 - 残された健康リスクのアセスメントとコントロール. YAKUGAKU ZASSHI, 134, 135-142 (2014).
  • 松田尚樹: 東日本大震災と放射線防御 - 残された健康リスクのアセスメントとコントロール. 九州実験動物雑誌, 29, 43-47 (2013).
  • 松田尚樹: 太陽紫外線と放射線の違いからリスクを理解する. 太陽紫外線防御研究委員会学術報告, 23, 39-47 (2013).
  • 松田尚樹: 放射線の基礎知識. 安全医学, 8, 1-10 (2013).
  • 松田尚樹, 三浦美和, 高尾秀明, 吉田正博: 放射線安全教育におけるアクティブラーニングの試み. Isotope News, 710, 59-63 (2013).
  • 松田尚樹: 放射線クライシスの現場. 別冊化学「検証!福島第一原発事故」, 68-71 (2012).
  • 松田尚樹: 放射線の健康リスク評価 -線量推定、解釈、判断-. 理大 科学フォーラム, 2012(3), 12-16 (2012).
  • 松田尚樹: 緊急被ばく医療から健康リスク評価へ -長崎から福島への4ヶ月-. 日本原子力学会誌, 53(10), 666-667 (2011).
  • 松田尚樹: 放射線の測定値と基準値は我々に何を語ってくれたか?. 日本放射線安全管理学会誌, 10, 64-67 (2011).
  • 松田尚樹: 福島での6日間. Isotope News, 687, 78-81 (2011).

著書

  • 松田尚樹: 放射線安全管理の実際 - 3版(共著). 森川尚威他編. 日本アイソトープ協会. 東京(2013)
  • Matsuda N: Six days in Fukushima: Initial activities as a member of radiation emergency mediacl assistance team from Nagasaki. A New Challenge of Radiation Health Risk Management (Nakashima M et al. eds.), 193-196, Nagasaki Newspaper Publish (2012)
  • Matsuda N, Brahmanandhan GM, Yoshida M, Takamura N, Suyama A, Koguchi Y, Juto N, Raj YL, Winsley G, Selvasekarapandian, S: Assessment of individual dose in high background radiation area of Tamil Nadu, India. A New Challenge of Radiation Health Risk Management (Nakashima M et al. eds.), 193-196, Nagasaki Newspaper Publish (2012).

学会等

  • 山内基弘、副島悠生、平川美弥子、辻田啓子、ムームーハン、柿田聖太、柴田淳史、安原崇哲、鈴木啓司、松田尚樹: A role of pre-mRNA splicing factor SART1 in DNA double-strand break repair by homologous recombination.日本放射線影響学会 第60回大会 (2017) 千葉.
  • 松田尚樹, 柴和弘, 後藤 稔雄: 主任者のスキルとしての緊急時モニタリング―そのプラットフォーム構築のための教育研究の試み. 日本アイソトープ協会平成29年度放射線安全取扱部会年次大会シンポジウム(2017)淡路.
  • 松田尚樹、安武亨(座長): 医学教育における放射線リスク科学教育の必須化. 第49回日本医学教育学会大会(2017)札幌.
  • 三浦美和, 林田りか, 高尾秀明, 松田尚樹: 放射性排気フィルタのクリアランスに関する基礎的検討. 日本保健物理学会第50回研究発表会/日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会(2017)大分.
  • 松田尚樹: 原子力防災と緊急モニタリング. 日本保健物理学会第50回研究発表会/日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会教育セッション(2017)大分.
  • 松田尚樹, 山田正俊, 大矢恭久, 藤淵俊王, 松原孝祐: 放射線防護人材育成への挑戦. 日本保健物理学会第50回研究発表会/日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会シンポジウム(2017)大分.
  • Matsuda N: Radiation education - New challenges. IAEA technical meeting on science, technology, and healing: (2017) Hiroshima.
  • Matsuda N. Radiation protection in Japan. International Symposium of Radiation Emergency Management (2017) Taipei.
  • 福田直子, 稲田明穂, 工藤崇, 松田尚樹:全身スキャン体外計測法による体内放射能の解析. 日本放射線安全管理学会第15回学術大会(2016)岡山.
  • 嶽本剛平、高尾秀明、三浦美和, 山中仁木, 大沢一貴, 松田尚樹: 放射能汚染室内環境(床材等)における清掃素材のセシウム除去効率の検討. 日本放射線安全管理学会第15回学術大会(2016)岡山.
  • 西弘大, 松田尚樹, 山内基弘, 折田真紀子, 高村昇, 工藤崇: 看護師を対象とした放射線教育プログラムの新展開. 日本放射線安全管理学会第15回学術大会(2016)岡山.
  • 松田尚樹:教育の立場から見た放射線影響リスク科学. 日本放射線影響学会第59回大会ワークショップ「医学部における"放射線リスク科学”教育の推進の現況と課題」(2016)広島.
  • 松田尚樹, 山内基弘, 西弘大, 久下裕司, 久保直樹, 渡部浩司, 桧垣正吾, 柴和弘, 柴田理尋, 川本卓男, 戸崎充男, 角山雄一, 小野俊朗, 花房直志, 中島覚, 稲田晋宣, 松嶋亮人, 杉原真司: 放射線施設による緊急モニタリングプラットホームの構築. 日本放射線安全管理学会第15回学術大会(2016)岡山.
  • Matsuda N: Recent Trend in Radiation Emergency Education for Medical Students and Radiation Professionals in Japan. IAEA technical meeting on science, technology, and healing: (2016) Fukushima
  • 福田直子, 谷保康一, 竹下哲史, 三浦美和, 折田真紀子, 三好弘一, 桧垣正吾, 松田尚樹: 土壌微生物に着目した放射性セシウム挙動に関する研究. 日本放射線安全管理学会第14回学術大会(2015)つくば.
  • Matsuda N: Radiation education to medical residents and students - Understanding and risk perception of radiation. IAEA 2nd technical meeting on science, technology, and society perspectives on nuclear science, radiation, and human health: The view from Asia (2015) Nagasaki.
  • Matsuda N: Radiation protection. Radiation Health Science Workshop (2015) Abu Dabi, UAE.
  • 桧垣正吾, 佐治英郎, 柴田理尋, 中島覚, 巻出義紘, 和田洋一郎, 渡部浩司, 松田尚樹: 大学等放射線施設協議会「英語による教育訓練テキスト」の 2015 年改訂版とその 利用状況. 日本放射線安全管理学会第14回学術大会(2015)つくば.
  • 松田尚樹, 鈴木啓司, 高村昇, 福田直子, 藤本登, 熊谷敦史, 菓子野元郎, 小野孝二, 北実, 福徳康雄, 角山雄一, 島崎達也, 小野俊郎, 三好弘一: コミュニティの参画した新しい放射線教育のための放射線指導パッケージの開発. 日本放射線安全管理学会第14回学術大会(2015)つくば.
  • Matsuda N, Ohtsuru A. Activity of radiation education working group. The council of head of national medical schools of Japan. IAEA Training meeting on radiation, health, and society: Radiation leading education change after Fukushima (2015) Fukushima.
  • Fukuda N, Matsuda N. History of internal radiocesium in human body by direct measurements with a whole body counter in Nagasaki University.15th International Congress of Radiation Research (2015) Kyoto.
  • Matsuda N. Assessment of internal exposure doses after the Fukushima nuclear power plant accident by a whole body counter in Nagasaki. 15th International Congress of Radiation Research (2015) Kyoto.
  • Nakashima K, Orita M, Fukuda N, Taira Y, Hayashida N, Matsuda N, Takamura N. A measurement of radiocesium concentrations in wild mushrooms collected in Kawauchi village after the nuclear power plant accident. 15th International Congress of Radiation Research (2015) Kyoto.
  • 福田直子, 奥野浩二, 工藤崇, 松田尚樹: 緊急時被ばく線量評価におけるホールボディカウンター全身スキャンによる甲状腺線量測定の妥当性の検討. 日本放射線安全管理学会第13回学術大会(2014)徳島.
  • 福田直子, 松田尚樹: 体内放射性セシウム量の歴史 ~ 長崎大ホールボディカウンターによる実測結果. 日本放射線安全管理学会第13回学術大会(2014)徳島.
  • 山内基弘, 高尾秀明, 福田直子, 三浦美和, 松田尚樹: 環境中放射性セシウム試料を用いた放射線教育の実効性の検討. 日本放射線安全管理学会第13回学術大会(2014)徳島.
  • 森田直子, 三浦美和, 工藤崇, 松田尚樹: 東京電力福島第一原子力発電所事故後初期の内部被ばく線量再構築 -推定値と実測値の比較. 日本放射線安全管理学会第12回学術大会(2013)札幌.
  • 森田直子, 三浦美和, 熊谷敦史, 大津留晶, 宇佐俊郎, 工藤崇, 高村昇, 山下俊一, 松田尚樹: 福島原発事故後の避難者および初期対応者における体内放射能の時間空間的特徴. 日本放射線影響学会第56回大会(2013)弘前.
  • 嶽本剛平、高尾秀明、福田隆、大沢一貴、松田尚樹: 清掃用具のセシウム除染効率比較実験系の開発. 日本放射線安全管理学会第12回学術大会(2013)札幌.
  • 高尾秀明、三浦美和、林田りか、福田隆、山内基弘、松田尚樹: In vivoイメージング撮像室の温・湿度環境の整備(第2報). 日本放射線安全管理学会第12回学術大会(2013)札幌.
  • 松田尚樹、森田直子: 福島フィールド調査 -生活環境における放射線リスクコントロール. 日本放射線安全管理学会第12回学術大会(2013)札幌.
  • 三浦美和、山内基弘、松田尚樹: 放射線リスク認知 -東京電力福島第一原子力発電所事故後の状況. 日本放射線安全管理学会第12回学術大会(2013)札幌.
  • 三浦美和、山内基弘、松田尚樹: 放射線リスク認知 -東京電力福島第一原子力発電所事故後の状況. 平成25年度日本アイソトープ協会放射線安全取扱部会年次大会(2013)鹿児島.
  • 松田尚樹: 放射線専門家による放射線リスクの認知. -東京電力福島第一原子力発電所の事故直前の状況-. 日本放射線影響学会第56回大会(2013)弘前.
  • 松田尚樹: 放射線専門看護師に対する教育から見えてきたもの. 第2回日本放射線看護学会学術大会シンポジウム(2013)長崎.
  • 松田尚樹: 福島原発事故-残された健康リスクのアセスメントとコントロール. 日本薬学会第133年会シンポジウム(2013)横浜.
  • 松田尚樹: 太陽紫外線と放射線の違いからリスクを理解する. 太陽紫外線防御研究委員会第23回シンポジウム(2013)神戸.
  • 森田直子, 三浦美和, 吉田正博, 熊谷敦史, 大津留晶, 高村昇, 工藤崇, 山下俊一, 松田尚樹: 福島県派遣者の内部被ばく状況の経時的変化. 日本放射線安全管理学会第11回学術大会(2012)大阪.
  • 高尾秀明、三浦美和、林田りか、福田隆、吉田正博, 松田尚樹: In vivoイメージング撮像室の温・湿度環境の整備. 日本放射線安全管理学会第11回学術大会(2012)大阪.
  • 松田尚樹、三浦美和、高尾秀明、吉田正博 : 放射線安全教育におけるアクティブラーニング導入の試み. 日本放射線安全管理学会第11回学術大会(2012)大阪.
  • 松田尚樹: 東日本大震災と放射線防御 - 残された健康リスクのアセスメントとコントロール. 第30回九州実験動物研究会(2012)長崎.
  • 松田尚樹: 被ばく線量評価の状況 - 内部被ばく(初期)-. 第9回日本放射線安全管理学会6月シンポジウム(2012)郡山.
  • 松田尚樹: 緊急被ばく医療から健康リスク評価へ. 第12回日本抗加齢医学会総会(2012)横浜.
  • 三浦美和、林田りか、高尾秀明、吉田正博、小野孝二、松田尚樹: 放射線専門家が考える放射線リスク認知度は? -「安全線量」を指標として. 平成24年度日本アイソトープ協会放射線安全取扱部会年次大会(2012)松山.
  • Matsuda N: Retrospective assessment of internal doses for short term visitors to Fukushima within one month after the nuclear power plant accident. The first NIRS symposium on reconstruction of early internal dose due to the TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident (2012) Chiba.
  • Matsuda N: Radiation crisis in Fukushima, 2011. Union of Risk Management for Preventive Medicine, World Congress (2012) London.
  • 松田尚樹、森田直子、吉田正博、三浦美和、高尾秀明、熊谷敦史、大津留晶: 東京電力福島第一原子力発電事故直後の短期滞在者におけるI-131の体内取り込みについて. 日本放射線安全管理学会第10回学術大会(2011)横浜.
  • 松田尚樹: 放射線の基礎と安全防護管理. 専門医教育セミナーI「東日本大震災対応による放射線防護と甲状腺疾患」第54回日本甲状腺学会学術集会(2011)大阪.
  • 平良文亨, 林田直美, 山下俊一, 工藤崇, 松田尚樹, 高橋純平, グテノビッチ アレキサンダー, カズロフスキー アレキサンダー, 高村昇: 福島第一原子力発電所及びチェルノブイリ原子力発電所周辺の環境放射能レベル. 日本放射線影響学会第54回大会(2011)神戸.
  • 松田尚樹, 三浦美和: 細胞モデルを用いた内部被ばく影響評価のための予備的検討. 日本放射線影響学会第54回大会(2011)神戸.
  • 吉田浩二, 林田直美, 橋口香菜美, 森田直子, 工藤崇, 松田尚樹, 山下俊一, 高村昇: 福島県内での災害派遣における医療従事者の線量評価. 日本放射線影響学会第54回大会(2011)神戸.
  • Matsuda N, Selvasekarapandian, S: Assessment of individual dose in high background radiation area of Tamil Nadu, India. The 6th International Symposium of Nagasaki University Global COE Program "Global Strategic Center for Radiation Health Risk Control", A New Challenge of radiation Health Risk Management. (2011) Nagasaki.
  • Matsuda N: Assessment of individual dose in high background radiation area of Tamil Nadu, India. The 4th International Conference on Medical Geology (2011) Bari, Italy.
  • Matsuda N: Six days in Fukushima: Initial activities as a member of REMAT from Nagasaki. The 7th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring. (2011) Oarai.
  • 三浦美和、林田りか、高尾秀明、吉田正博、小野孝二、松田尚樹: 放射線専門家が考える放射線リスク認知. 日本放射線安全管理学会第10回学術大会(2011)横浜.
  • 菊池裕純、中里一久、北実、木村宏二、松田尚樹、西澤邦秀: 福島原発事故により汚染された被服類の洗濯等によるRIの除去効果. 日本放射線安全管理学会第10回学術大会(2011)横浜.
  • 北実、木村宏二、中里一久、片岡賢英、菊池裕純、松田尚樹、西澤邦秀: 福島県内で着用した衣類の放射性物質による汚染の解析. 日本放射線安全管理学会第10回学術大会(2011)横浜.
  • Matsuda N: Six days in Fukushima: Initial activities as a member of REMAT from Nagasaki. The 6th International Symposium of Nagasaki University Global COE Program "Global Strategic Center for Radiation Health Risk Control", A New Challenge of radiation Health Risk Management. (2011) Nagasaki.
  • 松田尚樹: 福島での6日間 - 緊急被ばく医療チーム(REMAT)の初期活動 -. 第8回日本放射線安全管理学会6月シンポジウム(2011)東京.
  • 松田尚樹, G.M. Brahmanandhan, 吉田正博, 高村昇, 陶山昭彦, 小口靖弘, 寿藤紀道, Y.L. RAJ, G. WINSLEY, S. SELVASEKARAPANDIAN: インド・タミルナドゥ州沿岸の自然放射線および地域住民の個人被ばく線量. 日本放射線安全管理学会第9回学術大会(2010)広島.
  • 松田尚樹, G.M. Brahmanandhan, 吉田正博, 高村昇, 陶山昭彦, 小口靖弘, 寿藤紀道, Y.L. RAJ, G. WINSLEY, S. SELVASEKARAPANDIAN: インド・タミルナドゥ州高自然放射線地域住民の個人被ばく線量評価. 日本放射線影響学会第53回大会(2010)京都.
  • Matsuda N, Brahmanandhan GM, Yoshida M, Takamura N, Suyama A, Koguchi Y, Juto N, Raj YL, Winsley G, Selvasekarapantian S: Assessment oF individual dose in high background radiation area of Tamil Nadu, India. The 16th International Conference on Solid State Dosimetry (2010) Sydney, Australia.
  • Matsuda N, Brahmanandhan GM, Yoshida M, Takamura N, Suyama A, Koguchi Y, Juto N, Raj YL, Winsley G, Selvasekarapantian S: Background radiation and individual dosimetry in the costal area of Tamil Nadu, India. The 3rd Asiam and Oceanic Cobgress on radiation Protection (2010) Tokyo.
  • 三浦美和: 放射線健康リスクの認知と評価 - 社会科学と生物学からのアプローチ -. 日本放射線安全管理学会第9回学術大会(2010)広島.
  • 桧垣正吾、小池裕也、井尻憲一、佐治英郎、柴田理尋、中島覚、松田尚樹: 大学等放射線施設協議会「英語による教育訓練テキスト」の作成とその利用状況. 日本放射線安全管理学会第9回学術大会(2010)広島.
  • 嶽本剛平、三浦美和、高尾秀明、吉田正博、大沢一貴、松田尚樹: セルロースファイバー製特殊スポンジの放射能汚染除去効果について 第2報. 日本放射線安全管理学会第9回学術大会(2010)広島.

講演会・出前授業

  • 秋田しらかみ看護学院研修「放射線医療と看護」、2017年8月30日
  • 大学等における放射線安全管理研修会「大学等放射線施設による緊急モニタリングプラットフォームの構築」(東京大学)、2017年8月29日
  • 放射線災害医療サマーセミナー2017「放射線基礎」(福島県立医科大学)、2017年8月22日
  • 長崎県立長崎北陽台高校理数科研修「放射線をサイエンスする」、2017年8月3-4日
  • 静岡大学理学部 原子力規制人材育成事業総合討論「原子力安全における放射線施設の新たな役割」、2017年3月17日
  • 北陸原子力懇談会 放射線取扱技術研修会「変わりつつある放射線施設のポジショニング -規制の見直し、緊急時モニタリングプラットフォーム、放射線健康リスク科学教育」、2017年3月16日
  • 愛媛大学放射線定期教育・訓練「放射線障害防止法の見直し状況と原子力防災における放射線施設の新たな役割」、2017年2月27日
  • 京都大学総長裁量経費「原発事故後リスク事象に対応したコミュニケーションシステム構築」討論会「研究者として、放射線管理屋として」、2017年2月5日
  • 日本アイソトープ協会東北支部平成28年度放射線実務管理セミナー「主任者の実務としての緊急モニタリング - そのプラットフォーム構築の試み」、2017年2月3日
  • 長崎・ヒバクシャ医療国際協力会出前出張講座(長崎市ピースボランティア)「放射線・紫外線とわたしたちの健康」、2016年12月10日
  • Radiation Health Science Workshop in Abu Dabi UAE、2016年9月4-6日
  • 平成28年度九州地区地域原子力災害時医療連携推進協議会「長崎大学の福島原子力発電所事故時の初期対応について– 放射線クライシスの現場」、 2016年7月25日
  • 福岡大学放射線防護講習会「次世代型のライフサイエンス系放射線施設を考える - 分子イメージングを例として」、2016年5月12日
  • Radiation Health Science Workshop in Abu Dabi UAE、2015年12月21-23日
  • 放射線災害医療サマーセミナー2016「放射線基礎」(福島県立医科大学)、2016年8月23日
  • 長崎県立長崎北陽台高校理数科研修「放射線をサイエンスする」、2016年8月4-5日
  • 長崎・ヒバクシャ医療国際協力会出前出張講座(長崎市立三重小学校)「放射線・紫外線とわたしたちの健康」、2016年7月5日
  • 長崎県立大学シーボルト校講習会「放射線安全取扱の基礎と最新の関連情報」、2015年11月16日
  • 田村市「放射線と健康」教室「現在の田村市の放射線の現状と対応」(田村市船引保育所)(田村市役所)、2015年10月28日
  • 福岡県高等学校物理部会放射線教育研修「放射線の基礎と生体への影響」(九州大学アイソトープ総合センター)、2015年9月19日
  • 放射線災害医療サマーセミナー2015「放射線基礎」(福島県立医科大学)、2015年8月18日
  • 長崎県立長崎北陽台高校理数科研修「放射線をサイエンスする」、2015年8月4-5日
  • 田村市子育て支援センター育児講座「放射線について」、2015年6月24日
  • 福井県立若狭東高校教員研修「環境中に放出された放射性物質と健康の接点 - 被ばく線量と健康リスクの評価」、2014年11月27
  • 長崎県立大学シーボルト校講習会「放射線安全取扱の基礎と最新の関連情報」、2014年11月20日
  • 慶応義塾大学「世界の医療を切り開く君・自我作古」プログラム、「緊急被ばく医療について - 被ばく線量と健康リスクの評価」、2014年10月11
  • 鹿児島大学大学院保健学研究科特別講義「被ばく影響放射線防護学」、2014年9月27-28日
  • 放射線災害医療サマーセミナー2014「放射線基礎」(福島県立医科大学)、2014年8月19日
  • 長崎県立長崎北陽台高校理数科研修「放射線をサイエンスする」、2014年8月5-6日
  • 長崎市教育委員会「放射線に関する研修会」、2014年8月1日
  • 長崎・ヒバクシャ医療国際協力会出前出張講座(長崎市立為石小学校)「放射線って何? 放射線を測ってみよう」、2014年2月20日
  • 第8回福島災害医療セミナー(上級コース)「低線量被ばく影響に関するトピックスと福島に関する取り組み」(福島県立医科大学)、2014年1月28日
  • 長崎県立大学シーボルト校講習会「放射線安全取扱の基礎と最新の関連情報」、2013年11月20日
  • 九州電力長崎支社 原子力に係る勉強会「放射線と健康リスク - 福島の現状」、2013年10月4日
  • 長崎県教育センター「物理基礎」研修講座、2013年9月20日
  • 長崎市教育委員会「放射線に関する研修会」、2013年8月2日
  • 長崎県立長崎北陽台高校理数科研修「放射線をサイエンスする」、2013年7月25日
  • 長崎南山高校特別授業「放射線をサイエンスする~身の回りの放射線と福島原発事故を考える」、2013年5月24日
  • 県立広島大学生命システム科学特別講義「環境中の放射性物質による健康リスクのアセスメントとそのコントロール」、2013年5月16日
  • 日本アイソトープ協会放射線取扱主任者部会九州支部教育訓練講習会(福岡)「放射線及び放射性同位元素の安全取扱い(医学利用)」、2013年4月16日
  • 平成24年度北海道地区大学等放射線施設協議会 放射線安全管理研修会・アイソトープ利用研究会「放射線クライシスから700日-残された 健康リスクのアセスメントとコントロール」、2013年2月1日
  • 放射線等に関する課題研究活動の成果発表会「環境中に放出された放射性物質と健康の接点」(東京大学)、2012年12月26日
  • 長崎県立大学シーボルト校講習会「放射線安全取扱の基礎と最新の関連情報」、2012年11月13日
  • 第37回放射線影響解説セミナー「内部被ばくの現実は?」(石筵ふれあい牧場)、2012年10月6日
  • 長崎市立山里中学校「放射線・紫外線とわたしたちの健康」、2012年9月28日
  • 第35回放射線影響解説セミナー「放射線の健康影響」(つきだて花工房)、2012年8月26日
  • 九州シンクロトロン光研究センター講習会(2012年第3回SAGA-LSセミナー)「放射線の健康リスク」、2012年4月24日
  • 第22回放射線影響解説勉強会「放射線の人体影響」(福島県折込広告社)、2012年4月22日
  • 九州電力長崎支社 放射線に係る勉強会「放射線と健康リスク」、2012年4月17日
  • 長崎大学エネルギー環境教育研究会ワークショップ2011「東京電力福島第一原子力発電所事故と被ばく医療」、2012年2月20日
  • International School of Bankok特別授業「The Basics of Radiation」、2012年2月13日
  • 宮崎大学原子力・放射線災害発生時の地域の安全・安心の確保プログラム「放射線の健康リスク~放射線測定値と基準値が我々に語ること~」、2012年2月10日
  • 雲仙市学校保健会研修大会「放射線の基礎と健康リスク評価」、2012年2月9日
  • 福島県立医科大学再教育講習会「放射線防護の基礎と最新の関連情報」、2012年1月25日
  • 長崎県立大学シーボルト校講習会「放射線安全取扱の基礎と最新の関連情報」、2012年1月16日
  • 第145回福島県医師会医学大会「放射線の健康リスク~放射線測定値と基準値が我々に語ること~」、2011年11月23日
  • 2011年製薬放射線研修会(神戸)「 福島での6日間 (と、その後の6ヶ月) 」、2011年11月9日
  • 長崎県立猶興館高校「放射線等に関する課題研究活動 - 放射線と医療」、2011年10月25日
  • 長崎県工業技術センター・バイオ技術研究会「環境中の放射性物質と健康との接点」、2011年10月24日
  • 放射線等に関する教育職員セミナー(福岡県教育センター)、2011年10月17日
  • 日本アイソトープ協会放射線取扱主任者部会九州支部研修会(熊本)「放射線クライシスの現実 -放射線測定値と基準値は我々に何を語ってくれたか-」、2011年10月14日
  • 第4回日本癌治療学会市民公開講座 いま私たちが知っておきたいこと 放射線による健康リスクを考える 「福島の放射線環境中を読み解く」、2011年10月8日
  • 日本アイソトープ協会放射線取扱主任者部会中国・四国支部研修会(岡山)「放射線クライシスの現場と主任者のスキル -役に立ったことと、役に立たなかったこと-」、2011年9月16日
  • 東彼杵郡教育会・教育講演会「東日本大震災-東京電力福島第一原子力発電所事故から学ぶ」、2011年8月19日
  • 長崎県福祉保健部・こども政策局初任者研修会「放射線の基礎知識」、2011年7月15日
  • 長崎県教育庁・第35回全国高総文福島大会参加に伴う安全対策等に関する協議会「放射線の基礎知識 -福島の放射線環境-」、2011年7月14日
  • バイオインダストリー協会・未来へのバイオ技術勉強会、放射線障害予防とバイオサイエンス「福島の放射線環境と将来の健康リスク」、2011年9月14日
  • 長崎・ヒバクシャ医療国際協力会出前出張講座(いわき市、長崎市中学生)「放射線をサイエンスする -正しく知ろう放射線影響-」、2011年8月10日
  • 福島医学会緊急シンポジウム 放射性物質の環境と健康への影響をエビデンスに基づいて評価する 「環境中の放射性物質と健康との接点」、2011年7月18日
  • 愛媛県立医療技術大学特別講演「放射線測定値の解釈と判断 -放射線の危険と安全を適切に判断するために-」、2011年7月1日
  • 第1回CBRN災害対策セミナー 放射線被ばくによる健康影響について 「福島の放射線環境 -その解釈と判断-」、2011年6月18日
  • 東日本大震災復興支援東京シンポジウム 長崎から福島へ -放射線の正しい理解のために- 「放射線測定値の意味するところ -その解釈と判断-」、2011年5月20日
  • 福島県立医科大学講演会「放射線測定の解釈と判断」、2011年4月22日
  • 長崎県医師会・放射線防護に関する研修会「放射線防護の基礎と実際」、2011年4月9日
  • NTT-WEマリン研修会「放射線防護の基礎と実際」、2011年3月31日
  • 福島県立医科大学特別講演会「今回の震災における子供と母親の安全・安心のために:放射線被ばくの基礎」、2011年3月18日
  • 長崎・ヒバクシャ医療国際協力会出前出張講座(長崎市青少年ピースボランティア)「放射線をサイエンスする -正しく知ろう放射線-」、2011年1月15日
  • 原子力・放射線に関する教育職員セミナー(応用コース、九州地区)、2010年10月2-3日
  • 長崎・ヒバクシャ医療国際協力会出前出張講座(長崎市立福田中学校)「身近な放射線の話、放射線とわたしたちの健康」、2010年7月9日
  • 長崎県立大学シーボルト校講習会「放射線の基礎、人体影響、安全取扱、法令」、2010年12月24日
  • 日本アイソトープ協会放射線取扱主任者部会九州支部研修会(那覇)「 医療系スタッフの放射線教育」、2010年11月19日
  • 長崎県医師会産業医研修会「放射線の性質と安全管理」、2010年8月8日
放射線生物学

放射線が細胞にあたるとDNAに傷ができます。この傷を正しく修復できない場合、細胞死や染色体異常が起こります。放射線生物学グループでは、細胞がDNA損傷の修復エラーをどのように防いでいるか、そのメカニズムの解明を目指しています。


原著

  • Yamauchi M, Shibata A, Suzuki K, Suzuki M, Niimi A, Kondo H, Miura M, Hirakawa M, Tsujita K, Yamashita S, Matsuda N. Regulation of pairing between broken DNA-containing chromatin regions by Ku80, DNA-PKcs, ATM, and 53BP1. Sci Rep 7:41812 | DOI: 10.1038/srep41812 (2017).
  • Niimi A, Yamauchi M, Limsirichaikul S, Sekine R, Oike T, Sato H, Suzuki K, Held KD, Nakano T, Shibata A. Identification of DNA Double Strand Breaks at Chromosome Boundaries Along the Track of Particle Irradiation. Genes, Chromosomes and Cancer Apr 26. doi: 10.1002/gcc.22367 (2016).
  • Amornwichet N, Oike T, Shibata A, Ogiwara H, Tsuchiya N, Yamauchi M, Saitoh Y, Sekine R, Isono M, Yoshida Y, Ohno T, Kohno T, Nakano T: Carbon-ion beam irradiation kills X-ray-resistant p53-null cancer cells by inducing mitotic catastrophe. PloS One 9(12):e115121 (2014).
  • Yamauchi M, Otsuka K, Kondo H, Hamada N, Tomita M, Takahashi M, Nakasono S, Iwasaki S, Yoshida K: A novel in vitro survival assay of small intestinal stem cells after exposure to ionizing radiation. J Radiat Res 55, 381-390 (2014).
  • Yuan L, Bao XX, Matsuda N, Yao JM, Teramoto A, Abe K, Ko FK: Investigation of osteoblast-like MC3T3-E1 cells on a novel recombinant collagen-like protein surface with triple helix structure. J Mater Sci 46, 1396-1404 (2011).

総説

  • 山内基弘, 三浦美和, 松田尚樹: 放射線被ばく後にできるDNA損傷に対するヒト細胞の防御機構. 日本放射線安全管理学会誌, 13, 79-83 (2014).
  • 岡本茉佑美, 古賀里美, 藤井幹子, 古家早苗, 嶋本文雄, 松田尚樹, 達家雅明: 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う食品の放射性核種 汚染とその健康影響評価基準についての放射線生物学的考察. New Food Industry, 53, 1-17 (2012).

著書

  • 松田尚樹, 山内基弘: 放射線と安全につきあう(共著). 西澤邦秀, 柴田理尋編. 名古屋大学出版会. 名古屋(2017)
  • 松田尚樹: 放射線必須データ32(共著). 田中司郎, 角山雄一, 中島裕夫, 坂東昌子編. 創元社. 大阪(2016)
  • 松田尚樹: NEW放射化学・放射薬品学 -第2版(共著). 佐治英郎編. 廣川書店. 東京 (2012).

学会等

  • 山内基弘, 柴田淳史, 鈴木啓司, 鈴木正敏, 新美敦子, 近藤久義, 三浦美和, 平川美弥子, 辻田啓子, 山下俊一, 松田尚樹: 放射線照射によって生じたDNA二本鎖切断同士のペアリングの制御機構. 日本保健物理学会第50回研究発表会/日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会(2017)大分.
  • Yamauchi M, Shibata A, Suzuki K, Suzuki M, Niimi A, Kondo H, Miura M, Hirakawa M, Tsujita K, Yamashita S, Matsuda N. Regulation of pairing between broken DNA-containing chromatin regions by Ku80, DNA-PKcs, ATM, and 53BP1. Ataxia Telangiectasia Workshop 2017, Milan, Italy.
  • 山内基弘, 平川美弥子, 辻田啓子, 松田尚樹: Establishment of a novel quantitative assay for cancer-related gene fusion using CRISPR/Cas9. 第39回日本分子生物学会年会(2016)横浜.
  • 新美敦子, 山内基弘, リムシリチャイクル シリパン, 関根崚太, 磯野真由, 尾池貴洋, 佐藤浩央, 鈴木啓司, 中野隆史, 柴田淳史: 重粒子線照射により誘発される特異なDNA損傷形状の可視化. 第39回日本分子生物学会年会(2016)横浜.
  • 山内基弘: CRISPR/Cas9を用いた癌関連融合遺伝子の生成頻度の定量アッセイの樹立. 第75回日本癌学会学術総会(2016)横浜.
  • 松田尚樹:今後の健康影響研究に何が必要か. 日本原子力学会2016年秋の大会企画セッション「福島の環境影響、健康影響研究の新たな展開」(2016)久留米.
  • 松田尚樹:低線量放射線の健康影響に関する国内関連学会における研究の現状とこれからの連携のあり方(日本放射線安全管理学会より). 第53回アイソトープ・放射線研究発表会(2016)東京.
  • 山内基弘, 鈴木啓司, 柴田淳史, 新美敦子, 鈴木正敏, 近藤久義, 三浦美和, 平川美弥子, 山下俊一, 松田尚樹: ATMとDNA-PKcsによるDNA二本鎖切断同士の会合の抑制. 第38回日本分子生物学会年会(2015)神戸.
  • 新美敦子, 山内基弘, リムシリチャイクル シリパン, 関根崚太, 磯野真由, 尾池貴洋, 佐藤浩央, 鈴木啓司, 中野隆史, 柴田淳史: 高LET重粒子線照射により誘発される2つの異なる染色体間にまたがるクラスターDNA損傷の同定. 第38回日本分子生物学会年会(2015)神戸.
  • 山内基弘, 柴田淳史, 鈴木啓司: ATMとDNA-PKcsによるDNA二本鎖切断同士の会合の抑制. 第74回日本癌学会学術総会(2015)名古屋.
  • Yamauchi M, Suzuki K, Shibata A, Suzuki M, Kondo H, Miura M, Hirakawa M, Yamashita S, Matsuda N. Factors affecting interaction between multiple DNA double-strand breaks. 15th International Congress of Radiation Research (2015) Kyoto.
  • 山内基弘, 鈴木啓司, 柴田淳史, 近藤久義, 三浦美和, 平川美弥子, 山下俊一, 松田尚樹: DNA二本鎖切断同士の会合に影響を与える因子. 第37回日本分子生物学会年会(2014)横浜.
  • 山内基弘, 鈴木啓司, 柴田淳史, 近藤久義, 三浦美和, 平川美弥子, 山下俊一, 松田尚樹: DNA二本鎖切断同士の近接および染色体転座頻度に影響を与える因子. 日本放射線影響学会第57回大会(2014)鹿児島.
  • 山内基弘, 柴田淳史, 鈴木啓司:DNA二本鎖切断間の会合および染色体転座頻度に影響を与える因子. 第73回日本癌学会学術総会(2014)横浜.
  • 松田尚樹: 放射線による健康リスク~その生物学的な解釈とアセスメント. 第28回日本核医学技術学会九州地方会学術大会特別講演(2014)長崎.
  • 松田尚樹: 放射線生物学の基本と放射線健康リスクの考え方 - 東京電力福島第一原子力発電所事故における健康リスクの評価. 日本原子力学会九州支部特別講演会(2014)福岡.
  • 山内基弘, 鈴木啓司, 近藤久義, 三浦美和, 山下俊一, 松田尚樹: 染色体転座形成におけるp53 binding protein 1 (53BP1) の関与. 第36回日本分子生物学会年会(2013)神戸.
  • 大塚健介, 山内基弘, 冨田雅典, 松本英樹, 鈴木啓司, 岩崎利泰: 腸管幹細胞の細胞死と組織維持機構. 日本放射線影響学会第56回大会(2013)弘前.
  • 山内基弘, 鈴木啓司:ATMによる染色体転座抑制機構. 第72回日本癌学会学術総会(2013)横浜.
  • 三浦美和, 花谷拓哉, 高尾秀明, 吉田正博, 松田尚樹: ラット甲状腺由来PCCL-3細胞による[131I]NaI取込みとその作用について. 日本放射線安全管理学会第11回学術大会(2012)大阪.
  • 泉香津代、仲尾次浩一、濱田和彦、里あゆみ、松田尚樹: 真皮線維芽細胞の増殖及びコラーゲン合成・分解に対するメカニカルストレスの影響. 第109回日本皮膚科学会総会(2010)大阪.
分子イメージング

PET・SPECTといった核医学検査は、レントゲンやCTで観察できない血流や代謝などの生体機能を画像化・定量化する手法です。当施設では様々な放射性医薬品と測定方法を駆使し、疾患モデル動物の機能変化を解析する前臨床研究を行っています。


原著

  • Fuchigami T, Ono H, Oyadomari K, Iwatake M, Hayasaka D, Akbari M, Yui K, Nishi K, Kudo T, Yoshida S, Haratake M, Nakayama M. Development of a 68Ge/68Ga generator system using polysaccharide polymers and its application in PET imaging of tropical infectious diseases. ACS Omega 2(4):1400-1407; 2017
  • Mizuta S, Otaki H, Kitagawa A, Kitamura K, Morii Y, Ishihara J, Nishi K, Hashimoto R, Usui T, Chiba K. Ionic Liquid-Mediated Hydrofluorination of o-Azaxylylenes Derived from 3-Bromooxindoles. Org Lett. 19(10):2572-2575; 2017
  • Luo L, Tang J, Nishi K, Yan C, Dinh PU, Cores J, Kudo T, Zhang J, Li TS, Cheng K. Fabrication of Synthetic Mesenchymal Stem Cells for the Treatment of Acute Myocardial Infarction in Mice. Circ Res. 120(11):1768-1775; 2017
  • Kobayashi M, Mizutani A, Nishi K, Nakajima S, Shikano N, Nishii R, Fukuchi K, Kawai K. Difference in accumulation and the transport mechanism of L- and D-methionine in high- and low-grade human glioma cells. Nucl Med Biol, 14(44):78-82; 2017
  • Luo L, Nishi K, Urata Y, Yan C, Hasan AS, Goto S, Kudo T, Li ZL, Li TS. Ionizing radiation impairs endogenous regeneration of infarcted heart: an in vivo 18F-FDG PET/CT and 99mTc-tetrofosmin SPECT/CT study in mice. Radiation Res. 187(1):89-97; 2017.
  • Mizuta S, Otaki H, Kitamura K, Nishi K, Watanabe K, Makau JN, Hashimoto R, Usui T, Chiba K. 3,3-Dibromo-2-trifluoromethyl Acrylic Acid Ethyl Ester: A Versatile Platform for the Stereoselective Preparation of Functionalized- α-Trifluoromethyl α,β-Unsaturated Lactones and Trifluoromethyl Pyrazolinones. Org. Chem. Front. 3:1661-1667; 2016
  • 西 弘大、松田尚樹、三浦美和、林田りか、山内基弘、平川美弥子、高尾秀明、工藤 崇.小動物分子イメージングの放射線施設への導入効果.日本放射線安全管理学会誌15巻1号(74-79)、2016.
  • Mizuta S, Kitamura K, Nishi K, Hashimoto R, Usui T, Chiba K. Activity of N,N’-dialkyl-2-trifluoromethyl-thioimidazolium salts as phase- transfer catalyst for the alkylation of active methylene compounds. RSC Adv. 6:43159-43162; 2016.
  • Kobayashi M, Matsunari I, Nishi K, Mizutani A, Miyazaki Y, Ogai K, Sugama J, Shiba K, Kawai K, Kinuya S. Simultaneous acquisition of 99mTc and 123I-labeled radiotracers using a preclinical SPECT scanner with CZT detector. Ann Nucl Med. 30(4):263-71; 2016.
  • Shimada S, Aoki K, Nabeshima T, Fuxun Y, Kurosaki Y, Shiogama K, Onouchi T, Sakaguchi M, Fuchigami T, Ono H, Nishi K, Posadas-Herrera G, Uchida L, Takamatsu Y, Yasuda J, Tsutsumi Y, Fujita H, Morita K, Hayasaka D. Tofla virus: A newly identified Nairovirus of the Crimean-Congo hemorrhagic fever group isolated from ticks in Japan. Sci Rep. 11; 6:20213; 2016.
  • Hayasaka D, Nishi K, Fuchigami T, Shiogama K, Onouchi T, Shimada S, Tsutsumi Y, Morita K. 18F-FDG PET imaging for identifying the dynamics of intestinal disease caused by SFTSV infection in a mouse model. Oncotarget. 5;7(1):140-147; 2016.
  • Nishi K, Mizutani A, Shikano N, Fujita K, Kobayashi M, Ono M, Nishii R, Sasaki Y, Kinuya S, Kawai K. In vivo radioactive metabolite analysis for individualized medicine: A basic study of a new method of CYP activity assay using 123I-IMP. Nucl Med Biol. 42(2): 171-176; 2015.
  • Mizutani A, Matsunari I, Kobayashi M, Nishi K, Fujita W, Miyazaki Y, Nekolla SG, Keiichi Kawai. Impact of injection dose, post-reconstruction filtering, and collimator choice on image quality of myocardial perfusion SPECT using cadmium-zinc telluride detectors in the rat. EJNMMI Phys. Dec;2(1):7 2015.
  • Tullayakorn P, Matsuda N, Karbwang J, Viyanant V, Hirayama K, Na-Bangchang K: Anticancer activity of Atractylodes lancea (Thunb.) DC in a hamster model and application of PET-CT for early detection and monitoring progression of cholangiocarcinoma. Asian Pac J Cancer Prev 16, 6279-6284; 2015.

総説

  • 西弘大: アイソトープ実験施設の需要拡大を目指した分子イメージング研究支援, Isotope News, 746, 32-33; 2016.

学会等

  • 有薗ケイラ、西 弘大、佛坂斉祉、森田幸子、橋本恵、近藤崇伸、井野愛理、有田光太郎、黒濱武士、吉田教明:小動物用SPECTを用いた矯正力による歯槽骨の骨代謝変化の経過観察.2017年10月6日 第57回日本核医学会学術総会(横浜、ポスター).
  • 西 弘大、小林正和、目代佑太朗、辻野耕平、川井恵一、工藤 崇:99mTc-tetrofosminの肝集積機序と輸送阻害効果. 2017年10月5日 第57回日本核医学会学術総会(横浜、ポスター).
  • 三嶋麻揮、田代将人、西 弘大、河野 圭、吉田將孝、宮崎泰可、松田尚樹、工藤 崇、迎 寛、泉川公一:肺血流SPECTによる肺アスペルギルス症の新規診断法の開発 .2017年5月27日 真菌症フォーラム 第23回学術集会(新宿、ポスター).
  • 目代佑太朗、西 弘大、小林正和、辻野耕平、川井恵一、工藤崇:99mTc-tetrofosminの肝集積メカニズムと肝集積阻害効果の検証. 2017年5月25日 第12回日本分子イメージング学会(横浜、ポスター).
  • 有薗ケイラ、佛坂斉祉、森田幸子、西 弘大、橋本恵、近藤崇伸、井野愛理、有田光太郎、黒濱武士、吉田教明:矯正力による歯の移動時のSPECTを用いた分子イメージング. 2017年3月18日 第12回九州矯正歯科学会学術大会(宮崎、ポスター).
  • 西弘大, 松田尚樹, 工藤崇: 小動物分子イメージングの新領域への展開と応用. 日本保健物理学会第50回研究発表会/日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会(2017)大分.
  • 小林正和、水谷明日香、辻内孝文、西 弘大、福地一樹、川井恵一:99mTc放射性医薬品における腫瘍細胞外排泄機序の違い 2016年5月29日 第11回日本分子イメージング学会.
  • 羅 蘭、西 弘大、Chen Y、浦田芳重、工藤 崇、李 桃生:放射線被ばくによる心血管疾患リスクに関する実験的評価. 2016年6月5日 第57回原子爆弾後障害研究会.
  • 三嶋麻揮、田代将人、西 弘大、河野 圭、吉田將孝、宮崎泰可、松田尚樹、工藤崇、迎 寛、泉川公一:肺血流SPECTによる肺アスペルギルス症の新規診断法の開発. 2016年9月3日 第10回アスペルギルス研究会.
  • 羅 蘭、西 弘大、浦田芳重、Yan Chen、後藤 信治、工藤 崇、李 桃生:Radiation-induced damages on cardiac stem cells and myocardial regeneration may indirectly indicate future cardiovascular disease risks. 2016年10月26日 第59回日本放射線影響学会.
  • 三嶋麻揮、西 弘大、田代将人、辻野耕平、河野 圭、吉田將孝、松田尚樹、工藤崇、泉川公一:Dynamic Imaging によるIPAモデルマウスにおける肺血流動態解析. 2016年11月5日 第56回日本核医学会学術総会.
  • 稲川耕平、丹羽隆博、西 弘大、小林正和、川井恵一:脳腫瘍細胞におけるD-methionineの集積生と集積機序の検討. 2016年11月5日 第56回日本核医学会学術総会.
  • 西 弘大: 小動物PET装置の性能評価、最適化、画像解析 2016年11月5日 第56回日本核医学会学術総会 教育講演.
  • Mizutani A, Kobayashi M, Matsunari I, Nishi K, Miyazaki Y, Kawai K: Quantitative simultaneous acquisition of dual tracer using 99mTc and 123I-labeled radiotracers in preclinical SPECT scanner with CZT detector. World Molecular Imaging Congress 2015, Honolulu (USA), 2015.
  • 西 弘大、田代将人、吉田將孝、池田英史、三嶋麻揮、泉川公一、松田尚樹、工藤崇:肺血流SPECTによるアスペルギルス感染マウスの経過観察. 2015年5月20日 第10回日本分子イメージング学会.
  • 小林正和、水谷明日香、松成一朗、西 弘大、宮崎吉春、柴 和弘、川井恵一:CZT半導体検出器を搭載した小動物SPECTイメージングにおける投与放射能、コリメータと平滑化フィルター処理の影響. 2015年5月20日 第10回日本分子イメージング学会.
  • 西 弘大:長崎大学アイソトープ実験施設における小動物分子イメージングへの取りくみ. 2015年6月6日 広島大学・長崎大学連携研究カンファレンス.
  • 吉田將孝, 西 弘大, 松田尚樹, 工藤 崇, 田代将人, 芦澤信之, 平山達郎, 大島一浩, 武田和明, 井手昇太郎, 岩永直樹, 峰松明日香, 高園貴弘, 小佐井康介, 西條知見, 島村真太郎, 森永芳智, 栗原慎太郎, 今村圭文, 塚本美鈴, 宮崎泰可, 泉川公一, 柳原克紀, 河野 茂:アイソトープを用いた肺アスペルギルス症の病態解析. 2015年10月9日 第59回日本医真菌学会.
  • 西 弘大, 三嶋麻揮, 田代将人, 吉田將孝, 池田英史, 泉川公一, 松田尚樹, 工藤崇:浸潤性肺アスペルギルス症に対する肺血流SPECTの有用性の検討. 2015年11月6日 第55回日本核医学会学術総会.
  • 高橋浩太郎, 水谷明日香, 佐野達哉, 外間つづみ, 西 弘大, 小林正和, 川井恵一:123I-IMP代謝物分析による臨床薬剤負荷時のCYP活性定量. 2015年11月6日 第55回日本核医学会学術総会.
  • 西 弘大, 松田尚樹, 三浦美和, 林田りか, 山内基弘, 高尾秀明, 工藤崇:小動物分子イメージングの放射線施設への導入効果. 2015年12月4日 第14回日本放射線安全管理学会学術大会.
  • 西 弘大 : PET/SPECT/CTによるPre-clinical Molecular Imaging〜長崎大学の実例〜. 2015年2月20日 長崎核医学研究会.
  • アイソトープ実験の変遷とこれから〜分子イメージングがもたらす夢と現実〜. 2015年12月11日 日本アイソトープ協会九州支部研修会.
  • 松田尚樹: 感染症分子イメージングセンターの立ち上げ. 平成24年度日本アイソトープ協会放射線安全取扱部会年次大会(2012)松山.
  • 松田尚樹: 感染症分子イメージングセンター. 第2回分子イメージングに関する教育研修プログラム(2012)京都.
このページの一番上へ戻る