ごあいさつ

ようこそ! こちらは放射線教育パッケージのウェブサイトです。

東京電力福島第一原子力発電所事故以降、市民や生徒に対する放射線教育の目的は、従来の「放射線リテラシーの向上」から、「放射線とその影響の正しい理解に基づく安心」へと広まりました。

そのような状況の中で、我々は基礎放射線学、放射線生物学、放射線医学、および放射線安全管理学の専門家によるチームを編成し、従来の教員のリテラシー向上を介した学校教育に加えて、コミュニティスクールや地域保健を巻き込んだ新しい形の市民への放射線教育を目指し、教員の他、多彩な教育・コミュニケーション担当者が高品質の授業や情報を提供できるようにする「放射線指導パッケージ」の開発と実践に取り組んできました。

そして、研究活動成果を拡大、発展させ、どのように社会的な、そして外的要因が変化したとしても揺らぐことのない、ロバスト性の高い放射線科学文化の創造を目指した新しい放射線ラーニングを、文理融合メンバーによる徹底的な最新主義と現場主義、さらに伝達技術の強化と多彩なコミュニティへの展開と発信により実現することを目的とした活動を行っています。

このウェブサイトは、この開発チームによる活動と成果物を公開し、利用していただくために開設したものです。順次、内容を追加していきます。ご閲覧いただければ幸いです。


開発チーム代表  松田尚樹(長崎大学原爆後障害医療研究所)


開発チームの活動費の一部は科学研究費基盤研究(B)「コミュニティの参画した新しい放射線教育のための放射線指導パッケージの開発」(課題番号25282042、平成25-27年度)、及び科学研究費基盤研究(B)「ロバスト性の高い放射線科学文化の創造 - 放射線ラーニングの新展開」(課題番号16H03062、平成28-30年度)からのサポートを受けています。

おしらせ


日本原子力学会2016年秋の大会企画セッション「福島の環境影響・健康影響研究の新たな展開」において、「今後の健康影響に何が必要か」について講演を行います。
アブダビ国営石油会社放射線医学ワークショップ(ルワイス、アブダビ、UAE)で英語版パッケージを使用した2度目の研修を行います。

放射線災害医療サマーセミナー2015(福島医大)において、「放射線基礎」パッケージを用いた講義を行います。
平成28年度九州地区地域原子力災害時医療連携推進協議会において、「長崎大学の福島原子力発電所事故時の初期対応について– 放射線クライシスの現場」を報告しました。
第53回アイソトープ・放射線研究発表会において、「低線量放射線の健康影響に関する国内関連学会における研究の現状とこれからの連携のあり方(日本放射線安全管理学会より)」を報告しました。
長崎市立三重小学校5、6年生に、出前授業「放射線・紫外線とわたしたちの健康」を行いました。
放射線専門家のリスク認知に関する研究論文がHealth Physics誌6月号に掲載されました。
第3回研究会議を長崎大学アイソトープ実験施設で開催しました。
IAEA-福島医大第3回科学・技術・社会(STS)会議(福島)で放射線専門家のリスク認知と医学生、専門家向け教育プログラムの開発について報告しました。
アブダビ国営石油会社放射線医学ワークショップ(アブダビ、UAE)で英語版パッケージを使用した研修を行います。
日本放射線安全管理学会第12回学術大会(つくば)で本パッケージ関連発表を行います。
日本アイソトープ協会放射線取扱主任者部会平成27年度年次大会(金沢)でメディアリテラシーに関するシンポジウムを行いました。
角山先生の原案・監修による放射線をテーマにした二人用対戦カードゲーム「ラドラボ」の発売が開始されました。 http://www.tansan.co/radlab
IAEA-長崎大第2回科学・技術・社会(STS)会議(長崎)で医学生と臨床研修医の放射線教育プログラムについて報告しました。
福島県田村市船引保健所および田村市役所で保護者、市職員、一般市民向けパッケージを使用した研修を行います。
ウェブサイト作成を開始しました。
日本放射線安全管理学会第12回学術大会に発表のエントリーを行いました。

お問い合わせ

nuric@nagasaki-u.ac.jp(松田)

095-819-7163(長崎大学アイソトープ実験施設)