所長メッセージ的

原爆復興50周年祈念モニュメント
原爆復興50周年祈念モニュメント
 長崎大学原爆後障害医療研究所(原研)は、1962年の創設から51年目を迎える2013年に、大学院医歯薬学総合研究科附属施設から、大学附置研究所へ独立しました。その間、原爆被爆者の後障害研究から、1986年の旧ソ連邦チェルノブイリ原子力発電所事故を契機に、国際レベルでの放射線医療支援、分子疫学調査にも活動範囲を広げてきました。さらに2011年の福島原発事故後は、今まで原研が原爆被爆者・旧ソ連邦ヒバクシャを対象として蓄積してきた被ばく医療の実績を生かすべく、事故直後から人材を派遣し、福島県立医科大学の緊急被ばく医療再構築、福島県民へのリスクコミュニケーション、さらには福島県民健康調査立ち上げなどに奔走してきました。現在、事故後の復興期に入り、福島県川内村に復興支援長崎大学拠点を設置するなどして、福島復興の支援を継続しています。

 独立に合わせて、組織内改組を行い、3部門「社会医学部門」・「放射線生命科学部門」・「原爆・ヒバクシャ医療部門」と「資料収集保存・解析部」からなっていた従来の組織を4部門「放射線リスク制御部門」・「細胞機能解析部門」・「ゲノム機能解析部門」・「原爆・ヒバクシャ医療部門」と「放射線・環境健康影響共同研究推進センター」に改めました。従来の「社会医学部門」から改名した「放射線リスク制御部門」には、「放射線生物・防護学分野」を新設し(先導生命科学研究支援センター「放射線生物・防護学分野」の移動)、社会医学系の充実を図りました。従来の「放射線生命科学部門」を「細胞機能解析部門」と「ゲノム機能解析部門」に分離し、「ゲノム機能解析部門」に「ゲノム修復学分野」を新設しました。さらに、原研が所有するリソースを一か所にまとめて統括し、効率よく共同研究を推進する目的で、「放射線・環境健康影響共同研究推進センター」に共同研究推進部を設置し、センターのもとに、資料収集保存・解析部と、ベラルーシ拠点、川内村拠点を配置しました。定員も移動・学長裁量ポスト使用で4増となりました。

 再び利用されてはならない核兵器による惨害に関する研究資料を人類共通のかけがえのない遺産として後世へ引き継ぎ、同時に医療面等放射線の安全利用の方策を確立し、21世紀の人類の生存と福祉の向上に資することを願いながら、教職員一同今後も研究に邁進していく所存です。

平成27年4月

所長  永 山 雄 二